読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々を楽しく過ごしたい!

ランニングのこと、仕事のこと、日々のことを徒然と書き綴ってます!

悔しくて悔しくて

テニス 目標 大人

本日はガチのテニス試合。朝から雨が心配ではあったが幸いにも降っておらず。

真剣勝負

チーム戦で1勝の重みがあるため、相手も自分たちも必死で勝とうとする。

本日はダブルスでの試合。

1セット目からお互いに極端に技量の差はなく、競った展開が続く。相手のナイスプレーもあれば、自分たちのナイスプレーも。当然ながら相手も自分たちもつまらないミスもたくさんある。

そんな競った展開ではあったものの5-6ダウンで迎えたゲームでいまいち波に乗れず、つまらないミスで1セット目を5-7で失ってしまう。

スポーツの世界での「勢い」

どのスポーツにもあるとは思うが、テニスにも勝負の流れをつかんだ状態というものがあり、1セット目を失って、そのまま気持ちを引きずってしまったのか、お互いにパートナーと少しちぐはぐな状態が続いたり、相手に良いプレーが出てしまったりであれよあれよと言うまに2-5ダウンで、次のゲームを失うとあっさり負けてしまうところまで追い込まれてしまう。

しかも2本マッチポイントを取られている状態で絶体絶命。が、ここから自分と相手に連続で好プレーが飛び出して、なんとかしのいで3-5に。

これで流れをこちらがつかんだのか5-5まで戻して、そのまま6-5に。

ここでそのまま取り切れれば良かったのだが、やっぱり相手も必死にプレーしているので、自分たちが割と良い球を打ったものを好プレーで返されてしまい、6-6でタイブレークに。

ここからも一進一退の展開が続いていたが、5-5で迎えた場面で自分に連続で良いプレーが2つ続いてくれたお陰で7-5で2セット目を取り返し!

勝負のファイナルセット、メンタルの戦い

最終の3セット目に入って、相手も自分たちも勝ちたい気持ちで譲らず。お互いに脚が止まり始めて、普段ならしないようなつまらないミスも出てきて、悔やみながらも頑張って走って良いプレーが出たりと、互いに引かない展開。

じりじりとお互いにゲームを取り合う展開で5-4アップで、次のゲームを取れば「勝ち」という局面で、今度は相手サーブが連続で良いのが入って5-5。さらに自分たちのサーブで何とかキープして6-5アップ。

このゲームで、今度は自分たちがいくつか良いプレーが出て、15-40。2本のマッチ・ポイントを握る!

これで何とか取り切れれば良かったのだが、ここでお互いにつまらないミスが出てしまい、結局このゲームも競った挙句に取りきれず。

これで、気持ちが落ちたのか、最後のタイブレークではつまらないプレーが相次いでしまい、3-7で敗戦・・・・

正直、勝てた試合だったのに、負けてしまう。お互いの技量にはさほどの差はなかったので、これはメンタルでの戦いに負けたのだと思う。

それもあって悔しくてたまらない・・・多分こういう日は寝る時もなんであそこで・・・とか悔しさを引きずってなかなか寝られない。

何事も上達のためには

とはいえ、こういう経験を踏んでいかないと強くはならないし、上手くもならない。

仕事でもスポーツでも趣味でもなんであれ、物事の上達のためには、上手くいったことを喜び、上手くいかなかったのを悔やむこういう「気持ち」はとても大切なものだと個人的には思う。

とは言え、この悔しさといったら・・・