読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々を楽しく過ごしたい!

ランニングのこと、仕事のこと、日々のことを徒然と書き綴ってます!

2015年読書(18−24冊目)

読書 目標

随分と読書記録をご無沙汰に。

2015年読書(18−21冊目:ソロモンの偽証3−6巻) 

ソロモンの偽証〔3〕(第2部) (新潮文庫)

ソロモンの偽証〔3〕(第2部) (新潮文庫)

 

 新潮文庫版。相変わらず宮部みゆきさんの作品は面白い。中学生が校内で起きた事件に対して自分たちで裁判をして真相に迫っていくというストーリー。色々と練られていて、テンポも良く6巻もある長い本だったけど苦にせず読みきれた。

2015年読書(22冊目:御手洗潔進々堂珈琲) 

御手洗潔と進々堂珈琲 (新潮文庫nex)

御手洗潔と進々堂珈琲 (新潮文庫nex)

 

実際に京大そばにある進々堂という喫茶店を絡めた、探偵御手洗潔のシリーズ。生まれ育った京都の街が小説にかかれているといつもつい気になってしまう。

いつもの殺人事件ではなく、御手洗潔が若いころに世界を旅したのを語る形式で、それも新鮮で読んでいて楽しかった。

2015年読書(23冊目:天使たちの課外活動5)

茅田砂胡のいつものシリーズ。相変わらずの水戸黄門的ないつものストーリー、いつもの展開、いつものパターン。だが、それが良い!

2015年読書(24冊目:恋愛嫌い)

恋愛嫌い (集英社文庫)

恋愛嫌い (集英社文庫)

 

 ランチタイムにたまたま相席して仲良くなった女性3人組が順繰りに語るオムニバス形式のお話。平安寿子らしい、少し変わったような考えでありながらも納得させられる感じ。「グッドラックららばい」の頃からこの人の作品は読んでいて楽しい。